• K.KOSUDA

瑞牆山→川上村経由→野辺山行ドライブ



本日は、山梨県北杜市にある増富温泉から瑞牆山→長野県川上村→長野県南牧村(野辺山)まで気ままなドライブをしてきました。


増冨温泉は、ラジウム温泉としても有名ですよね。知る人ぞ知る名湯です。





増富温泉を通過してどんどん登っていくと、美しい渓谷沿いを走ります。


なんか最近こんな景色ばっかり見てる気がします……w




そして、瑞牆山の麓に到着しました。





岩塔が特徴的な瑞牆山ですが、この山にも柱状節理が認められるのだそうです。

先日の妙連の滝といい、ここのところ節理に縁があるのは個人的に嬉しいところです。


縁があったところで何があるわけでもないんですけど。自己満足な喜びです。




増富温泉あたりから瑞牆山周辺まで、ところどころで木の上に乗っている丸い物が目立ちました。


これ、一見すると鳥の巣かなにかと思ってしまいますが、これはヤドリギと呼ばれる寄生植物なのです。


山の中とかじゃないと見られないと思われがちですが、都内とかでも見たことありますので、意外と身近な植物だと思われます。



瑞牆山を横目に林道を抜け、長野県の川上村に入ります。




しばらく走行していると、美しい八ヶ岳が姿を現します。


このまま一路野辺山を目指します。


川上村や野辺山周辺は高原レタスの産地としても有名で、一面のレタス畑も風物詩です。



川上村から野辺山(南牧村)に到着。



途中、JR小海線の野辺山駅でトイレ休憩しました。


何度か小海線に乗ったことはありますが野辺山駅で乗降したことがなかったので、初めて駅舎を見ました。



野辺山は、JRの最高地点に位置する駅で、標高は1,345.67メートルです。



野辺山といえば電波観測所の電波望遠鏡があることでも知られていて、たまに星空の写真なんかを撮影しに行ったりもします。


実は日中に行ったことがなかったので、ちょっと新鮮でした。


観測所の近くに南牧村農村文化情報交流館という建物がありましたので寄ってみました。

昔から何度もこの辺りを訪れていますが、いずれも夜間だったのでこんな建物があるとは知りませんでした。


いつできたんでしょう???



野辺山といえば、45m電波望遠鏡ですが、この小さな電波望遠鏡は太陽を観測するためのものです。


現在は現役を退き、南牧村農村文化情報交流館の敷地内にオブジェとして置かれています。



交流館から見た45m電波望遠鏡です。


銀河の中心にブラックホールがあることを初めて観測したことでも知られています。


実は、国からの交付金が削減されるとかなんとかで、今や存続の危機にあるというお話も聞いたことがあります。


ぜひ存続してほしいと切に願います。



ちなみにこれは私が野辺山で2016年11月に撮影した45m電波望遠鏡です。


無断転載防止のため透かし文字を入れさせていただいております。




交流館からの八ヶ岳。


4月とはいえ、風も強く野辺山はまだまだ寒かったです。


交流館ではスペースシアターを見たりして、楽しく過ごさせていただきました。




コロナ禍が落ち着いたら、皆さんもぜひ訪れてみてください。