• K.KOSUDA

梅じゃないけど「黄梅」と呼ばれる迎春花のお話



「黄梅」という花を知っていますか?


見たことはなくても聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。


黄梅は個人的に結構すきな花なのですが、黄梅というのはこの時期の季語としても使われたりするほど、代表的な植物だったりもします。


でも、黄梅って実は梅の仲間ではないんです。


キク類モクセイ科のお花で、梅とは違う植物なんです。ソケイ属の花でジャスミンのお仲間(というかモクセイ科ソケイ属の総称をジャスミンと呼ぶ)なんだそうですよ。


でもジャスミンとは違って黄梅にはほとんど香りがないそうです。


梅が咲き始めるこの時期に咲くことから、梅になぞらえて「黄梅」と呼ばれるようになりました。「迎春花」と呼ばれることもあります。


文字どおり黄色い花を咲かせますが、田舎では庭木として植えている家もちらほらあります。あちらこちらで黄梅を見かけるようになると、春の足音がさらに大きくなってきているようで、とてもワクワクします。



寒いと肩をすぼめて下を向きがちですが、咲き誇る黄梅や、ちらほらと咲き始めた梅、そしてつぼみを膨らませるサクラを見上げるのもいいものです。


この時期、お花屋さんでも黄梅をよく見かけるので、興味があったらぜひチェックしてみましょう。