• K.KOSUDA

本名とペンネームの使い分けについてのお話



私は以前、ペンネームを使用していました。


しかし、本名を知っている人からもペンネームで呼ばれるようになっちゃったりして、どうも調子が狂ってしまった記憶があります。


たまたま今日、久しぶりにホームページをリニューアルしていまして、そこで自己紹介の部分を、本名にするか、ペンネームにするか――で非常に悩なんでしまったわけです。


ホームページのリニューアルなんかより執筆を優先しなくちゃいけないんですけど、思い立ったら抑えられない性格なので……。困ったものです。



そもそもフリーランスなのでホームページなんか不要なんですけどね。ブログとかがあればそれで十分なんです。でも、ライターとして一人前にやっていくぞ! ってなったときに、どうしても屋号を付けたかったんです。


で、屋号を付けるからには屋号入りの銀行口座も欲しくて……。某ネット銀行で屋号入り口座を作る際に、ホームページがあれば作れるということだったので、それでホームページを作成したという経緯があるわけです……。


口座を作ったあとも、まあ一応はホームページも残しといたほうがいいかな? ってことで残してあって、気分転換のつもりでたまにリニューアルしてるわけです。テンプレートを選んでチャチャっと手を加えるだけなので、リニューアルといってもそんな大掛かりなものではないんです。


ホームページに記載する名前も、本名でもペンネームでも、結局は依頼に差があるわけではないですし、口座開設対策として作ったということでもあるので、とりあえずは本名にしてはありますけど……。本名って、なんか気恥ずかしさがあるんですよね。


ていうか、敢えて名前を書かなくとも屋号だけ書いてあればいいかと――今更ながら気付きいたわけですが……。



このブログも、元々はペンネームでスタートしたんです。あくまでも息抜きのための場でしかないですし、さすがにこんなブログじゃ自己アピールのためには活用できませんしね。


でも、やっぱりペンネームはやめて本名でいこうじゃないか! と、意を決したわけです。自分のホームページやブログくらいは本名でいいんじゃないかと、素直に思えるようになってきました。開き直りというやつですね。


ただし、記事によっては、本名とペンネームを使い分けています。依頼者の異なる似たジャンルの記事を書く場合は特に気を使います。ライターの名前がクレジットされない記事なら問題ないんですけど、どちらもライター名が載ってしまう場合は一方で本名を、もう一方はペンネームで書かせてもらうことがありますし、両方とも違うペンネームで書くなんてこともあります。


そういうことって滅多にないんですけど、長年ライターをやってると色んな場面に遭遇する機会も増えます。なので、ペンネームは一つくらい用意しておいても損はないかもしれないですよ。