• K.KOSUDA

ぼっち節分のお話



今日は節分ですね。


文字どおり季節を分ける時期で、立春の前日が節分です。


しかし、季節を分けるという意味があるように、本来は立春だけでなく、立夏、立秋、立冬の前日も節分です。そのため昔は、年に4回節分があったのだそうです。


現在では1年のスタートという意味を込める意味で立春の前日にだけ節分の行事が行われています。


立春は1年のスタートなので、節分にあたる今日が本当の大晦日なのかもしれないですね。



さて、節分といえば昔から豆まきが習わしでしたが、いつしか恵方巻なるものが忽然と降って湧いたように登場してきましたよね?


子供の頃なんて恵方巻なんていう言葉すら知りませんでしたし、そもそも恵方巻にかぶりつくなんて風習自体が存在していませんでした。


いつの間にこんなのが"昔からの風習"として定着したんだろうか

社会人になってしばらくしてからいきなりコンビニで登場したイメージです。まあ、マーケティングの一環的な、バレンタインとかと同じような感じで世間に広まっていったことは間違いなさそうですよね。


だって、恵方巻の由来って実に様々あって、一貫性がないと思いませんか? どうも存在が解せないんですよね……。


どこかのエリアでひっそりと伝わってきた風習だということは聞いた覚えがありますが、だったら正確な由来が取り残されているのかもしれないと思い、ちょっと調べてみました。



すると案の定、「未だに定説がない」そうです。


ですよね……。


そもそも「恵方巻」という言葉すら昔からあったものではなく、全国に広めるために作られた言葉のようです。


ただし、「恵方」というのは昔からあったみたいです。大晦日の宮中行事として恵方へ向けて餅を飾っていたそうです。なので、「毎年の縁起の良い方位=恵方」というのは確かに存在しています。


でも恵方巻というイマイチ謎なアイテムは、未だに受け入れられません。コンビニ行くといつも勧められるのも嫌なんです。お一人様用節分セットでもあれば買うかもしれませんけど……。


それでも、季節の節目。

心の中で節分を祝いつつ、柿ピーでもいただきます。